小暮会計事務所

Amebaブログ始めました♪

フォト
無料ブログはココログ

NENA懐かしい♪

車を運転している時は決まってラジオを聴いているのですが、時々学生時代にハマった曲が流れて本当に嬉しくなります音譜

先日は高校時代に大好きだったドイツ人歌手"NENA(ネーナ)"の曲が流れて口元ほころんでしまいましたニコニコ

NENAという女性ヴォーカルを中心としたロックバンドで、代表曲である"ロックバルーンは99"(原題:99 Luftballons)は80年代に世界的大ヒットとなりました。

当時は歌の内容についてはあまり気にせず聴いていましたが、後々に反戦歌と知りました。

そんな中でラジオから流れてきたのは、NENAファンなら誰しもが知っている"Irgendwie, irgendwo, irgendwann”(英題:Anyplace, Anywhere, Anytime)

しかもKim Wild(キム・ワイルド)とのコラボで、ドイツ語と英語との掛け合いがとても心地よいです音譜

NENAも素敵に年を重ねているようで、同世代のSHOW-YAの寺田恵子さん、浜田麻里さんのように本当カッコいいですビックリマーク

「雪の空」 by 亜矢

今日、車でNACK5を聞いていたら流れてきた曲shine

シンガーソングライター亜矢さんの「雪の空」note

いいですね~happy01

90年代半ばくらいから、その時代の流行曲に乗り遅れている私なので(というか全く乗っていないsweat01)、美しいメロディが街中やラジオなどで流れてくるとすぐチェックしてしまいます(笑)

LALALA feat.若旦那(湘南乃風) 加藤ミリヤ

加藤ミリヤさんの"LALALA feat.若旦那(湘南乃風)"

仕事帰り車を運転中、ラジオから流れてきた曲です。

運転中ずっと聴き入ってしまいましたもみじ

リリースは2007年10月とのこと。

ちょうど40歳の誕生日を迎えて税務職員を辞めようと決心した頃です。

そんなとき、こんな素敵な曲があったのですね~音譜

女性の飼い主への思いを犬の立場になって作詞された歌ですが、人と人にも通じるものがあります。

D_Drive

D_Drive

ハードロックを基調とした日本のインストロックバンドです。

たまたまYouTubeでライブ映像を見てハマってしまいましたアップ

ギターは男女のツイン、ベース男性、ドラム女性の男女4人混成バンドで、メロディアスでテクニカルな曲を聴かせてくれます音譜

そして驚くのが、D_Driveの女性ギタリストであるYukiさんは現在23歳でギターを始めたのが17歳ビックリマーク

つまりギター歴がたったの6年なのですがそのプレイは圧巻です。

Yukiさんのプレイを見ると、素人の趣味とはいえ20年以上もギターを触ってきた自分は、今まで何をやってきたんだろうと愕然としてしまいます汗(笑)

あとYukiさんはバレエ歴12年という経歴も持っていて、俄かバレエファンの私としては「オオッ!」と思ってしまいましたにひひ

個人的にスティーブ・ヴァイとオリアンティの"Highly Strung "を、featuring D_Driveで聴いてみたい気もします!

【Screw driver】

【Cassis Orange】

hide

本当に素敵なアーティストでしたねshine

"MISERY"

"Rocket Dive"

"DICE"

If We Hold On Together

大好きなダイアナ・ロスの曲 "If We Hold On Together" です。

素敵な和訳がついていましたので、よろしければご覧になってみてください。

夢や希望という言葉を、震災で家族や家を失ってはいない私が言っても、ただの自己満足にすぎないことは分かっています。

でも、そういうものを心に強くもって、みんなで一緒に行動していければと思います。

Rest in Peace, Gary Moore!

Gary Moore(ゲイリー・ムーア)が滞在先のスペインのホテルで亡くなりました。

享年58歳。

死因はまだ明らかになっていないようです。

ゲイリー・ムーアと言えば、マシンガン・ピッキング。

そして繊細なチョーキングとビブラートから奏でる泣きのギター。

今なお、ギターを泣かせたら彼の右に出るものはいないといわれてます。

学生時代から好きだったアーティストはもう皆40代、50代。

元気な若い頃の姿が鮮明に記憶に残っているだけに、こういった訃報は寂しいですね。

【The Loner】
R.I.P.Gary Moore!

WhiteSnake

Deep Purpleの元ヴォーカリスト、David Coverdale(デイヴィッド・カヴァデール)が立ち上げたH/R&H/Mバンド。

「声良し、顔良し、スタイル良し」の三方良し(笑)、かっこいいH/R&H/M系ヴォーカリストの代表格でしたhappy01

Adrian Vandenberg(エイドリアン・ヴァン・ヴァーグ)も美形ギタリストで有名でしたけどねsmile

”Guilty Of Love”
ホワイトスネイクの最高傑作とも言われるアルバム「Slide It In」から。
覚えている人はごくわずかだと思いますが、その昔、「少女に何が起こったか」というドラマで、この曲をバックに小泉今日子さんが踊っていましたね~shine

”Here I Go Again”
全米No.1にも輝いたアルバム「Whitesnake(白蛇の紋章)」から!
たまにカラオケで挑戦しますが、、、毎回敗北です(笑)

浜田麻里 (2)

先日コメントを頂いたよし様のお勧めで、浜田麻里さんの”Somebody's Callig”のライブ映像を観ましたhappy01

H/R&H/R系のシンガーは十数年も経つと、だいたいオリジナルから半音、1音、1音半下げキーになってしまうのですが、浜田麻里さんの場合は高音域の衰えが全く感じられません。

本当スゴイですsign03

妹の浜田絵里さんのハイトーンコーラスも健在ですshine

50歳に手が届こうとしている浜田麻里さんですが、素敵に年をとられていますね。

浜田麻里さんと寺田恵子さんは、私にとって憧れのロック界のアラフィフ女性です!delicious

【Somebody's Calling】

【Fearless Night】
1986年にリリースされた曲をオリジナルキーで歌える凄さshine

【Return to Myself】
やっぱり浜田麻里さんいいなあと思い映像です。

≪関連記事≫
浜田麻里~2008.9.8記事

Blackmore's Night

ブラックモアズ・ナイトの”Ghost of a Rose”という中古CDを買いました。

「誰だ?それ?」って感じでしょうが、ブラックモアは「ディープ・パープル/Deep Purple」や「レインボー/Rainbow」のギタリストの「リッチー・ブラックモア/Ritchie Blackmore」のことです!

リッチーは知らなくてもディープ・パープルはご存知の方が多いと思います。

ナイトはリッチーの奥様である「キャンディス・ナイト/Candice Night」のナイト。

Blackmore's Nightは、10年ほど前に結成された夫婦ユニットなのです。

曲調は、オリエンタル風というか中性ヨーロッパ風というか、でもたまにレインボーを彷彿させるというか、とても不思議なアルバムです。

捨て曲がないのがまたいいnotes

キャンディス・ナイト嬢も実力派シンガーですね。

歌声は透明感があってどの曲にも合いますshine

お薦めは、アルバム1曲目の「Way To Mandalay」

ちょっと聴いてみます?happy01

より以前の記事一覧

提携業務

  • 日英の架け橋 JUMI事務所
    イギリス留学(バレエ・語学等)のコーディネート 留学先での生徒のガーディアン イギリス旅行の観光案内 バレエオーディション用写真撮影
  • 【一言コメント】
  • 家庭的で温かく信頼できるサポートをしていただけます。by小暮

  クリック募金

  •  
    クリックで救える命がある。 募金ボタンをクリックするだけで人道支援や環境保全などに取組むNPO団体へ募金ができます。 スポンサー企業が寄付をするので皆様には一切お金がかかりません。

 Google AdSense

  •  
  •  
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28