小暮会計事務所

Amebaブログ始めました♪

フォト
無料ブログはココログ

« 会社の申告でお困りの方へ | トップページ | 国税庁の「Web-TAX-TV」 »

税抜経理の方が税込経理より有利?

消費税の経理方法には税込経理方式と税抜経理方式があり、どちらの経理方式を採用しても、納める消費税や還付される消費税の額は同じということは御存じだと思います。

たまに「税込経理と税抜経理、どっちにした方がいい(有利)?」という質問を受けます。

業種形態やその事業年度によってケースバイケースなのですが、所得税や法人税まで含めると、一般的には税抜経理方式の方が有利と言えると思います。

税抜経理方式のメリットとデメリットをいくつか挙げてみますね。

≪メリット≫

①経営成績・財政状態の把握及び分析(法人個人共通)

消費税はあくまで預かり金であるため、収益や費用は消費税を除いて計上した方が適正な月次・決算分析ができる。

②減価償却(法人個人共通)

減価償却資産の取得価額は採用した経理方式に基づくので、税抜経理方式の方が取得価額が低くなるため、少額減価償却資産(10万未満)、一括償却資産(20万未満)、中小企業者等の少額減価償却資産(30万未満)の取得価額の算定で有利に働く。

③交際費(法人のみ)

交際費の損金不算入額を算定する上で、消費税が除かれる分、損金不算入額が税抜経理方式の方が少なくなる。

≪デメリット≫

①経理の煩雑さ(法人個人共通)

仮払消費税、仮受消費税の経理を行う必要がある。
※ただし月次または期末に一括して税抜経理を行うことで解消。

②特別償却又は特別控除(法人個人共通)

「中小企業者等が機械等を取得した場合の特別償却又は特別控除の特例」を適用する場合、器具備品や機械装置などは、1台当り70万、120万、160万以上といった金額基準が設定されているため、税抜経理だと金額基準に達しないケースがある。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

イメージを沸かせるために交際費を例にとって課税所得金額を計算してみます。

ある会社(青色申告法人である中小企業者)が1年間で次のような取引を行ったとします。

かっこ内は税抜金額です。

①840万円(800万円)で商品を仕入。
※期首期末に在庫なし。

②1,050万円(1,000万円)で販売。

③63万円(60万円)の交際費を支出。
※1人当り5千円以下の飲食費なし。

消費税の納付額は7万円で、税込経理、税抜経理ともに同じですね。
(500,000-400,000-30,000=70,000)

【税込経理方式】
売上         10,500,000
仕入          8,400,000
交際費           630,000
租税公課(消費税)      70,000

税引前利益            1,400,000

交際費損金不算入    + 63,000

課税所得金額    1,463,000

【税抜経理方式】
売上         10,000,000
仕入          8,000,000
交際費            600,000 

税引前利益           1,400,000

交際費損金不算入    +60,000

課税所得金額   1,460,000

税引前利益までは1,400,000円で同額ですが、交際費の損金不算入額の分、課税所得金額に差ができましたね!

************************************************

当記事は、掲載日時点における法律等に基づいて記載しており、個人的見解も含まれておりますので、同記事を参考にされた結果、損害が生じたとしても、責任を負うものではありません。

小暮会計事務所
税理士 小暮 巌

« 会社の申告でお困りの方へ | トップページ | 国税庁の「Web-TAX-TV」 »

提携業務

  • 日英の架け橋 JUMI事務所
    イギリス留学(バレエ・語学等)のコーディネート 留学先での生徒のガーディアン イギリス旅行の観光案内 バレエオーディション用写真撮影
  • 【一言コメント】
  • 家庭的で温かく信頼できるサポートをしていただけます。by小暮

  クリック募金

  •  
    クリックで救える命がある。 募金ボタンをクリックするだけで人道支援や環境保全などに取組むNPO団体へ募金ができます。 スポンサー企業が寄付をするので皆様には一切お金がかかりません。

 Google AdSense

  •  
  •  
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28