小暮会計事務所

Amebaブログ始めました♪

フォト
無料ブログはココログ

« GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト | トップページ | DNA入り「ご神体」販売で10億円所得隠し »

加工くずの売却収入は第何種事業?

この間、大手電気工事会社の金属屑売却収入の課税漏れのニュースについて書きましたが、これに関連してある質問を受けました。

「金属屑の売却収入は簡易課税の第何種事業になるのか?」というものです。

事業活動に伴って生ずる加工くず、副産物、廃材品、不要品等を売却した場合の簡易課税の事業区分については、消費税基本通達によってその取扱いが示されています。

①第1種又は第2種事業に該当する事業から生じた不要物品等

 第4種事業に該当。 なお、第1種又は第2種それぞれの事業区分に属するものとして処理しているときは、その処理は認められます。(消基通13-2-8)

 どうせなら、原則の第4種事業区分で申告するよりは、計算上有利な第1種事業又は第2種事業として処理した方がいいですよね。

②第3種事業に該当する事業から生じた加工くず等

 第3種事業に該当。

 電気工事業は第3種事業に区分されるため、その事業から生じた金属屑の売却収入は第3種事業に該当することになります。

 冒頭の質問に対する答えは「第3種事業」です。

固定資産の売却収入の事業区分についても、よく質問を受けるのでお話しておきますと、事業に供していた車両や建物などを売却した場合、その売却収入は第4種事業に該当します。(消基通13-2-9)

さらに会社が役員に対して棚卸資産や棚卸資産以外の資産を贈与するといったケースがありますが、これは原則どおり、その対象資産を会社が他から購入して性質・形状を変更しないで贈与した場合には第2種事業、性質・形状を変更する製造等を行って贈与した場合には第3種事業、会社が事業に供していた固定資産を贈与した場合には第4種事業となります。

≪関連記事≫
金属くず売却収入2億9千万円計上漏れ~2009.8.5

*******************************************************

ささやかにブログランキング参加中sleepy
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

当記事は、掲載日時点における法律等に基づいて記載しており、個人的見解も含まれておりますので、同記事を参考にされた結果、損害が生じたとしても、責任を負うものではありません。

小暮会計事務所
さいたま市緑区馬場1-13-1

« GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト | トップページ | DNA入り「ご神体」販売で10億円所得隠し »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515708/46101026

この記事へのトラックバック一覧です: 加工くずの売却収入は第何種事業?:

« GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト | トップページ | DNA入り「ご神体」販売で10億円所得隠し »

提携業務

  • 日英の架け橋 JUMI事務所
    イギリス留学(バレエ・語学等)のコーディネート 留学先での生徒のガーディアン イギリス旅行の観光案内 バレエオーディション用写真撮影
  • 【一言コメント】
  • 家庭的で温かく信頼できるサポートをしていただけます。by小暮

  クリック募金

  •  
    クリックで救える命がある。 募金ボタンをクリックするだけで人道支援や環境保全などに取組むNPO団体へ募金ができます。 スポンサー企業が寄付をするので皆様には一切お金がかかりません。

 Google AdSense

  •  
  •  
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28