小暮会計事務所

Amebaブログ始めました♪

フォト
無料ブログはココログ

« 一般課税と簡易課税 | トップページ | GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト »

フランス絵画の19世紀

091002_151639

フランス絵画の19世紀 美をめぐる100年のドラマ」

横浜美術館で8月31日まで開催しています。

興味がわいて先日行ってきました。

1つ1つの絵画をじっくり観ていたら、展示場を出るときには3時間弱くらい時間が経っていて驚きました。

印象に残った絵画をメモりながらの満足のいく3時間でしたけど~。

芸術に造詣が深いとは決して言えない私ですが、たまには美術館に足を運ぶのもいいものですね!

チケットのデザインにもなっているドミニク・アングルやエドゥアール・マネは置いといて、買えるお金があったら欲しいと思った絵画が5点ありました(笑)

Photo
フランソワ・カンサック「青春の泉」

Photo
レオン・コニエ「死せる娘を描くティントレット」

Photo_2
エミール・ジャン・ヴェルネ「アブラハムに追放されるハガル」

Photo_3
アリ・シェフェール「糸巻きのマルガレーテ」

Photo_5
ラファエル・コラン「フロレアル(花月)」

« 一般課税と簡易課税 | トップページ | GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト »

コメント

青春の泉は扇情的ですが、どこか気品が感じられますね。

machami様、コメントありがとうございます。
「青春の泉」は絵自体がとても大きくて、人物も実物大くらい大きく描かれていてすごく迫力がありました。
それでいてコケティッシュさがさほど感じられません。
まさしく「品」が漂っています!

私もこの中なら青春の泉が1番欲しいですね。

タクト様もそうですか!
「青春の泉」本当にきれいでしたshine

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515708/46026329

この記事へのトラックバック一覧です: フランス絵画の19世紀:

« 一般課税と簡易課税 | トップページ | GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト »

提携業務

  • 日英の架け橋 JUMI事務所
    イギリス留学(バレエ・語学等)のコーディネート 留学先での生徒のガーディアン イギリス旅行の観光案内 バレエオーディション用写真撮影
  • 【一言コメント】
  • 家庭的で温かく信頼できるサポートをしていただけます。by小暮

  クリック募金

  •  
    クリックで救える命がある。 募金ボタンをクリックするだけで人道支援や環境保全などに取組むNPO団体へ募金ができます。 スポンサー企業が寄付をするので皆様には一切お金がかかりません。

 Google AdSense

  •  
  •  
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28