小暮会計事務所

Amebaブログ始めました♪

フォト
無料ブログはココログ

« 大失敗!猛反省! | トップページ | ジジ発見! »

法人税別表14(1)付表

平成18年4月1日以後開始する事業年度から適用されている、特殊支配同族会社の業務主宰役員給与の損金不算入制度。

特殊支配同族会社の判定から始まって、調整所得金額や調整繰越欠損金額の算出など、税務ソフトが入っているとしても、慣れないと別表作成がなかなかスムーズに進まないですよね。

特に別表14(1)付表の調整繰越欠損金関係の記載は、どうしてこのような様式になっているのかを理解していないと、計算間違いをおこしてしまいます。

私なんか初めてこの別表14(1)付表を見たときには、どこから手を付けるのかすら分かりませんでしたからwobbly

恥ずかしい話ですが、差引翌期調整繰越欠損金額(11)の計算が、(7)-(8)-(9)-(10)ではなくて、なぜ(7)-(8)になるのかなんて真剣に悩みましたもん。

そして記載方法が一番分かりづらいといわれるのが、「基準期間直前事業年度等の調整繰越欠損金額の計算」。

ここでの計算は、平成15年4月1日以後開始する事業年度が基準期間直前事業年度(当期から4期前事業年度)に該当することになって初めて記載する必要が出てくるので、記載する必要のなかった制度適用開始事業年度のときは、ここで一体何をやってるんだろうと思いました。coldsweats01

研修目的で数字を入れてみて試行錯誤。

計算は正しいようだが、この計算欄で何をしているのかが分からない。

税法が形を変えて別表になっているわけですから、分からないときは税法に立ち戻る。

これ基本ですねshine

それに、どんな参考書を読むよりも条文の方が間違いなく文章量は少ない!delicious

読み難い税法を悪戦苦闘しながら読み~(当時は税務職員時代)

そして「基準期間直前事業年度等の調整繰越欠損金額の計算」のポイントが、基準期間直前事業年度の調整欠損金を前々期と前期へ繰り戻すという特殊性にあると気付いた途端に、目の前にあった雲が一気に消え去りました。

「な~るほど」と独り言。

頭のいい方は、別表さらっと見て理解できちゃうんでしょうけど。。。

結局、税法が基本というだけの話でした。

別表14(1)の記載方法かと思って記事を読まれた方はスミマセンでした。

もっと何かこう~役に立つとか、楽しい話が書けないものかなあsweat02

ささやかにブログランキング参加中sleepy
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

« 大失敗!猛反省! | トップページ | ジジ発見! »

コメント

原理がわかっているだけ立派です。私はソフトのなすまま作っているだけです。この制度はなくなって欲しいと思っています。

所定の入力箇所に正しい数値を入力していれば問題はないでしょうね。shine
この制度ができた当初は、税理士から廃止の声が多かったようですが、適用除外の基準所得金額が1,600万円に引き上げられて、若干トーンダウンした感じですね。

税法はカッコ書きが多いから嫌いです(笑)
措置法なんて特に嫌いです!

遥海様、はじめまして!
税法は、カッコ書きを飛ばして読んでも、長すぎて解り難い条文多いですよね。
税法は大事ですが、私も読むのは好きではありません(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515708/44536560

この記事へのトラックバック一覧です: 法人税別表14(1)付表:

« 大失敗!猛反省! | トップページ | ジジ発見! »

提携業務

  • 日英の架け橋 JUMI事務所
    イギリス留学(バレエ・語学等)のコーディネート 留学先での生徒のガーディアン イギリス旅行の観光案内 バレエオーディション用写真撮影
  • 【一言コメント】
  • 家庭的で温かく信頼できるサポートをしていただけます。by小暮

  クリック募金

  •  
    クリックで救える命がある。 募金ボタンをクリックするだけで人道支援や環境保全などに取組むNPO団体へ募金ができます。 スポンサー企業が寄付をするので皆様には一切お金がかかりません。

 Google AdSense

  •  
  •  
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28