小暮会計事務所

Amebaブログ始めました♪

フォト
無料ブログはココログ

« 焼いも届く! | トップページ | 出産育児一時金を42万に増額 »

自動車取得時の諸費用は?

固定資産の購入時の諸費用を、一時の損金としてもいいか、取得価額に含めなければいけないか、意外と迷うことがあると思います。

ちょっと細かい話ですが、自動車を買ったときの諸費用について考えてみましょう。

最近の自動車の注文書や支払明細書の内訳には、下の①から⑯のような支払項目があるかと思います。(実は自分の車のものですcoldsweats01

リサイクル関連費用があったりして、項目が結構多いですよね。

下取りがあると更に査定料などの費用が出てきたりします。

この①~⑯の中で、自動車の取得価額に含めなければいけないのはどれでしょうか。

(車体)
①車体本体
②販売店特別装備

(税・保険料)
③自動車税
④自動車取得税
⑤自動車重量税
⑥自賠責保険

(法定費用)
⑦検査登録料
⑧車庫証明費用

(リサイクル関連料金)
⑨シュレッダーダスト料金
⑩エアバック類料金
⑪フロン類料金
⑫情報管理料金
⑬リサイクル資金管理料金

(代行料・その他)
⑭検査登録代行料
⑮車庫証明代行料
⑯納車費用

取得価額に含めなければいけないものは、①と②と⑯です

それ以外は含めなくても構いません。

③~⑮のうちで、損金に計上できるのは、③~⑧と⑬~⑮

残りの⑨~⑫は預託金として資産計上ということになり、損金に計上できるのは廃車にするか売却するときです。

④自動車取得税、⑦検査登録料、⑧車庫証明費用は、自動車の取得に伴って払うものですから、価額価額に含めるべきとも言えます。

いまいち納得いかない感じがしますね。

ただ、これらの費用は、一種の事後費用で、流通税的な性格もしくは第三者への対抗要件を備えるためのものと考えられているため、取得価額の含めるかどうかは納税者の任意となっているのです。(通達どおりの説明でスミマセンsweat01

③自動車税、⑤自動車重量税、⑥自賠責保険は、自動車を取得した後に発生する費用と考えられるので損金でOKということになります。

リサイクル関連料金のうち、⑬だけはなぜか損金計上がOKです。

理由は、⑬のリサイクル管理料金というのは、預託された各リサイクル料金の管理業務を行っている(財)自動車リサイクル促進センターに対して支払う業務手数料だからです。

⑯納車費用は、新車時は空であるガソリンタンクにディーラーが若干のガソリンを入れておいたり、自宅等に持ってきてもらうための費用ということになっていて、法人税法施行令54①所得税法施行令126①にある引取運賃等の購入のために要した費用(いわゆる付随費用)に該当して、取得価額に算入すべきものとして取り扱われています。

で・す・が!

個人的にはどうもしっくりこないんですよね。

実際のところ、いろいろとゴチャになっている手数料と考えられて、取得価額に含める必要はあるのかなあ~と個人的には思うんですよね。(ここでは取得価額に算入すべきものとしておきますが~)

ついでに消費税の課非判定ですが、次のとおりです。(課税・非課税・不課税・免税~10/2記事

課税仕入:①、②、⑬、⑭、⑮、⑯

非課税仕入:⑥、⑦、⑧

不課税仕入:③、④、⑤、⑨、⑩、⑪、⑫

ささやかにブログランキング参加中sleepy
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

*******************************************************

当記事は、掲載日時点における法律等に基づいて記載しており、個人的見解も含まれておりますので、同記事を参考にされた結果、損害が生じたとしても、責任を負うものではありません。

小暮会計事務所
さいたま市緑区馬場1-13-1

« 焼いも届く! | トップページ | 出産育児一時金を42万に増額 »

コメント

うちは買った時に課税仕入、売った時に課税売上にしてます

金額も僅少なので、そのような処理をしている会社は多いと思います。
税務調査をしていてもよく見受けられましたからsmile

おはようございます。
⑭と⑮は素人目には、車両を「業務の用に供するための費用」のような気もするのですが、やはり費用でよろしいのでしょうか。

もしかしたら、
「登録免許税その他登記又は登録のために要する費用」にあたるという理解でしょうか。

panchan1014様、こんにちは。

「登録免許税その他登記又は登録のために要する費用」は、法基通7-3-3の2の文言だと思いますが、その理解の仕方でよろしいと思います。
所基通にも同様の取り扱いがあり、所基通37-5や49-3あたりでしょうか。

⑭と⑮はそれぞれ⑦と⑧に係る手数料ですので、⑦と⑧と同様の処理をするのが妥当という考え方でもあります。

車両購入時の処理について検索していて辿り着きました。

今回、社用車を購入しましたが、購入した際に「カーコーディング20万円」の費用が掛かりました。

こちらは販売店ではなく、別の業者に支払っていますが、これも経費で落としてしまって大丈夫なのでしょうか。

それとも本体価額に含まれるものなのでしょうか。。。

経理担当様、ご訪問ありがとうございます。

申し訳ありませんがご質問にはご回答しかねます。
というのは、幣ブログが税務相談の場ではない点、ご質問は個別事案としての税務相談となり、税理士として経理担当様の氏名等をお聞きした上で税務処理簿に記載する義務があり回答には税理士としての責任が生じる点、さらに相談者からは相談料を頂戴している点、こういった事情を何卒ご理解ください。

社用車ということで貴殿が経理担当ということですから法人組織でいらっしゃると推測されますので、一般的にはご関与されている税理士がいらっしゃると思います。関与税理士に確認をするのが一番よろしいかと思います。
もし関与税理士がいなければ最寄りの税務署の法人税担当に問い合わせれば無料で相談に応じてくれます。

ご来所をいただくのでしたら、毎月3日の無料相談にご予約いただければと存じます。ただ今回のご質問事項ということで無料相談を利用するのは、移動時間等を考慮いたしますとあまりお勧めできませんが、、、

以上のとおりですがよろしくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515708/43391192

この記事へのトラックバック一覧です: 自動車取得時の諸費用は?:

« 焼いも届く! | トップページ | 出産育児一時金を42万に増額 »

提携業務

  • 日英の架け橋 JUMI事務所
    イギリス留学(バレエ・語学等)のコーディネート 留学先での生徒のガーディアン イギリス旅行の観光案内 バレエオーディション用写真撮影
  • 【一言コメント】
  • 家庭的で温かく信頼できるサポートをしていただけます。by小暮

  クリック募金

  •  
    クリックで救える命がある。 募金ボタンをクリックするだけで人道支援や環境保全などに取組むNPO団体へ募金ができます。 スポンサー企業が寄付をするので皆様には一切お金がかかりません。

 Google AdSense

  •  
  •  
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28