小暮会計事務所

Amebaブログ始めました♪

フォト
無料ブログはココログ

« 今日の韓国語(その15) | トップページ | Patsy Kensit »

Streets of Fire

昨夜、気分転換に、”Streets of Fire”(ストリート・オブ・ファイヤー)という昔の映画をDVDで観ました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(ストーリー)

歌手のエレン(ダイアン・レイン)が、コンサート中にストリートギャングに誘拐され、元恋人で札付きの悪だった色男トム(マイケル・パレ)が、陸軍あがりの女性兵士マッコイ(エイミー・マディガン)と、エレンのマネージャー、ビリー(リック・モラニス)を引き連れ、救出に向かう。

救出劇は成功するが、そのあとギャングのボスであるレイヴェン(ウィレム・デフォー)とのタイマン勝負が待ち構える。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と絵にかいたようなヒーロー・アクション・ムービー!

単純明快で、展開も早く、流れる音楽がどれもクールで、何度見ても気分がスカッとします。

ラストにエレンが歌う、”Tonight Is What It Means To Be Young(今夜は青春)”が最高にしびれます♪
(歌は吹き替えです。それにしてもダイアン可愛かった。)

覚えている人は少ないと思いますが、この曲は、「ヤヌスの鏡」というテレビドラマの主題歌「今夜はAngel」としてカバーされてます。

どうも30代半ばから、映画にしても音楽にしても「昔はよかったなあ~」症候群になってるような気が。。。

年取った証拠ですね(笑)

それと、マイケル・パレはこの映画を機にスターダムに昇りつめると思ったんですけどね~。

映像はエンディングにエレンが歌う”Tonight Is What It Means To Be Young”

« 今日の韓国語(その15) | トップページ | Patsy Kensit »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515708/42443877

この記事へのトラックバック一覧です: Streets of Fire:

« 今日の韓国語(その15) | トップページ | Patsy Kensit »

提携業務

  • 日英の架け橋 JUMI事務所
    イギリス留学(バレエ・語学等)のコーディネート 留学先での生徒のガーディアン イギリス旅行の観光案内 バレエオーディション用写真撮影
  • 【一言コメント】
  • 家庭的で温かく信頼できるサポートをしていただけます。by小暮

  クリック募金

  •  
    クリックで救える命がある。 募金ボタンをクリックするだけで人道支援や環境保全などに取組むNPO団体へ募金ができます。 スポンサー企業が寄付をするので皆様には一切お金がかかりません。

 Google AdSense

  •  
  •  
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28