小暮会計事務所

Amebaブログ始めました♪

フォト
無料ブログはココログ

« Betty Blue | トップページ | 今日の韓国語(その14) »

Quiet Riot

モトリーの記事を書いたときに、クワイエット・ライオットに触れたので早速です。

結成は1975年。

その結成の中心的人物は、1982年に不慮の事故で25歳の生涯を終えた若き天才ギタリスト、Randy Rhoads(ランディ・ローズ)です。

しかしクワイエット・ライオットがブレイクするのは、ランディが”Ozzy Osbourne Band(オジー・オズボーン・バンド)”へ移り、セスナ機の墜落事故で亡くなったあとのことです。

私がロックに芽生える前に亡くなっていて、彼のプレイを初めて聴いたのはオジー・オズボーン・バンド時代のもの。

左手の超ストレッチによるハンマリングオン・プリングオフのフレーズは、ランディの代名詞であり、その部分だけはよく練習したことがあります。(^.^)

なんかランディの話になっちゃいましたね。

クワイエット・ライオットが世界中に知れ渡るきっかけとなったのは、1983年にリリースされた”Cum On Feel the Noize”。

ただこれは、彼らのオリジナルではなくて、SLADE(スレイド)というイギリスのバンドのカバー曲。

オリジナル以上に売れてしまったというのは、よくある話かもしれませんね。

あと全く知らなかったのですが、ヴォーカルのKevin Dubrow(ケヴィン・ダブロウ)は去年の11月に亡くなっていたようです。(享年52歳)

映像は”Cum On Feel the Noize”。

上がクワイエットで下がスレイド。

どちらが好み?(ヴォーカルの声質はすごく似てると思います)

« Betty Blue | トップページ | 今日の韓国語(その14) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515708/42016316

この記事へのトラックバック一覧です: Quiet Riot:

« Betty Blue | トップページ | 今日の韓国語(その14) »

提携業務

  • 日英の架け橋 JUMI事務所
    イギリス留学(バレエ・語学等)のコーディネート 留学先での生徒のガーディアン イギリス旅行の観光案内 バレエオーディション用写真撮影
  • 【一言コメント】
  • 家庭的で温かく信頼できるサポートをしていただけます。by小暮

  クリック募金

  •  
    クリックで救える命がある。 募金ボタンをクリックするだけで人道支援や環境保全などに取組むNPO団体へ募金ができます。 スポンサー企業が寄付をするので皆様には一切お金がかかりません。

 Google AdSense

  •  
  •  
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28